個別学習塾LEAFは、生徒個々の能力を引き出し、『自立した子に育てる塾』です。
勉強することを通じ、子供たちが自分で考え、判断し、行動できるようにサポートしていきます。

子供が成長するきっかけを

 はじめまして。個別学習塾LEAF代表の桒原です。
 Homeトップにも書きましたが、個別学習塾LEAFで最も大切にしていることは、『自立した子に成長してほしい』ということです。

 「自立する」というのは、「ある課題に対して自ら考え、適切な対処方法を模索し、行動できる人」を一つの基準に置いています。
 勉強することを通じて、ただ成績が上がる、志望校に合格できるということだけではなく、その過程で目標達成のためにどのような努力をすればよいのか、困ったときにどう対処すればよいのかなどの経験を積み、自分自身が成長していることを実感してほしいのです。実感することによって、子供たちは自然とモチベーションが上がり、自ら努力し、行動する人に成長していきます。
 私はこれまで講師として、このような子たちをたくさん見てきました。そんな子たちを見ることが、私にとっては最も充実感を得られる瞬間です。
  子供たちが自立し、自ら勉強し行動するようになることは頼もしくもあり、嬉しい反面、私を必要としなくなる寂しさも感じます。
 しかし、そのような子供たちの成長が、私の生きがいでもあります。

 成績を上げるためには、勉強ができる人が教えるだけでは不十分です。塾の先生の中にも成績を上げられる先生とそうでない先生がいます。
「わかりやすい授業をしている先生でも成績は上がらない」ということもあります。
 私は以前、集団塾で17年ほど講師をしていました。集団塾の多くは、「わかりやすい授業ができる先生」を育てるための授業研究や研修を行いますが、「成績を上げることができる先生」を育てるための研修はありません。そのため、成績を上げる方法がわからずに授業をしている先生も多いのです。成績を上げられる先生は、単に授業がうまいだけでなく、子供たちが自ら勉強するような取り組みをしています。わかりやすい授業は大事な要素ですが、生徒の成績には直結していないのです。

 生徒の成績がグンっと上がるときには、理由があります。そのような状況を作るのが、塾の先生の仕事です。
 LEAFでは、単に勉強を教えるだけでなく、生徒の成績を向上させるためのきっかけづくりを常に意識しながら授業を行っています。
ノウハウは公開できませんが、どうぞご期待ください。

[Homeに戻る]  [このページのトップに戻る]

LEAF開講1年目から成績が驚異的にアップした受講生が続出!

 指導を始める前の定期テストの順位と指導後の順位の結果です。
 適切な内容と適切な分量で、正しい努力をすれば、生徒本来の実力が発揮できます!
 努力が実る経験が、さらなる成長の糧となります!

◎この成功体験の詳細を知りたい方はコチラへ
 【湖南中3年の生徒】 ・ 【下吉田中3年の生徒】 ・ 【湖南中2年の生徒】

[Homeに戻る]  [このページのトップに戻る]

地域の子たちの成長を第一に考える塾に

 私は、集団塾で17年指導してきました。集団塾講師時代も、上記のように『自立した子に育てる』ということを意識して授業や指導を行ってきました。一般職として4年、教室長として10年、エリア長として3年勤め、地域の子たちの学力を全力でサポートしてきました。
しかし、いくつかの理由から、2023年(令和5年)に個別学習塾を立ち上げるに至りました。

  • 集団塾より個別に対応したほうが子供の成長促進ができること
  • 集団塾のメリット(≒個別塾のデメリット)もカバー・改良できると思ったこと
  • (私が在職していた)集団塾の理念が変わり、子供たちのための塾ではなく会社のための塾になったこと

 集団塾の講師として指導しているときから感じていたことですが、一斉授業を行っていては生徒の学力の伸長に限界があると感じていました。生徒個々は違うのに、同じ内容で、同じスピードで授業を一方的にやっていては、すべての生徒のポテンシャルを引き出しきれないと感じていました。
もちろん、集団でありながら双方向の授業展開になるようにしたり、生徒が受け身の授業にならないようにしたり、集団授業ですが個々に解く問題を変えたりとできる工夫はしてきました。
 学校においても、全員が同じ内容を一律で学習するスタイルから個々へと変化してきました。
 子供たちの学習に対しての変化もあり、全員が一律で行う授業より、個々に課題があり進めるスタイルの授業の方が吸収率や定着率がアップし、テスト結果も向上していきました。

 そのような授業や生徒対応が必要ではあったものの、それを実行できない環境だったので、LEAFを立ち上げることを決意し設立した塾です。

 私は、富士吉田市で生まれ育ちました。中2のころまでは成績は良いと言えるものではありませんでした。しかし、塾のおかげでグングンと成績が上がっていき、高校や大学、その先の将来がひらけた経験をしました。
 その経験をさせてくれた塾に勤め、今度は私が地域の子たちのためにという思いでやってきましたが、より子供たちのためになる塾をつくり指導することが必要だと思いLEAFを設立しました。
 LEAFは、地域の子たちの成長を第一に考える塾であり続けます。

[Homeに戻る]  [このページのトップに戻る]

個別学習塾のデメリット(≒集団塾のメリット?)

 「個別学習塾は、生徒のやりたいペースに合わせているから、授業内容は理解できても成績は上がらない!」と集団塾に勤めていたとき、私自身が思っていましたし、そういった声を聞くことがありました。残念ながら、実際にそういった生徒たちはいます。そもそも成績を上げるために通っていない生徒もいるため、塾の目的が成績向上だけではない面もあるでしょう。しかし、多くの生徒たちは、集団塾にしても個別指導型の塾にしても成績を上げるため、志望校合格のために通っています。
 成績を上げるなら集団塾?個別指導塾?と悩んでしまいますよね。

 個別指導塾におすすめな学力層は、(性格的なものを除き、学力層にしぼった見解)
【中学生の場合】上位10%にいる生徒、または、上位40%~100%にいる生徒です。
 集団塾の授業のペースは、個々の先生よってまちまちです。そのため、最上位層にいる生徒は、最上位層にいる生徒は時間を持て余したり、内容に物足りなさを感じることがあります。私が集団塾の講師をしていたときは、それをわかっていたのでそうならない工夫はしていましたが、ほとんどの先生はその対処ができていませんでした。
 一方で、成績中間層・下位層にいる生徒は授業のペースが速く感じてしまうようです。理解が追いつかない箇所があると、その先の説明が頭に入ってこなくなってしまうのです。生徒がつまずくポイントがわかっている先生でも集団全員をカバーできることはあり得ません。生徒個々によってつまづきポイントは違いますからね。
富士吉田市・河口湖周辺にある集団塾に通うのであれば、成績上位10%~40%くらいにいるとちょうどよいかもしれませんね。
おそらくこれは全国的にも同様の傾向だと思います。

成績だけにしぼらずに個別指導塾の方が良い生徒は、
質問が自分からできない生徒、競争でメンタルをやられてしまう生徒、部活動や他の習い事でスケジュールを塾に合わせられない生徒など、いくつかあると思います。


前職の集団塾では、その塾の良さを発信する立場でもあったので、集団塾の良さ、個別指導塾弱点など熟知しているつもりです。逆に、集団塾の弱点もよくわかっています。

以下が集団塾のメリットです。

  1. コストパフォーマンス
    • 一般的に授業料が個別学習塾よりも低く設定されている。
  2. 競争意識の向上
    • 他の生徒との競争が刺激となり、学習意欲が高まる。
    • クラスメートと成績を競い合うことで、モチベーションを維持しやすい。
  3. 社会性の育成
    • 集団での学習を通じて、協調性やコミュニケーション能力が養われる。
    • 同年代の友達と一緒に学ぶことで、友情や助け合いの精神が育つ。
  4. 多様な視点と議論
    • 他の生徒の質問や意見を聞くことで、新たな視点を得られる。
  5. 授業のスケジュールが固定
    • 定期的な授業スケジュールがあり、学習のリズムを作りやすい。
    • 規則正しいスケジュールにより、生活習慣の改善に繋がる。
  6. 多様な指導法
    • 一斉授業ならではの一貫したカリキュラムと進行管理が行われる。
    • 講師が複数の生徒を対象にするため、多様な教え方を工夫することが多い。
  7. 即座の反応とサポート
    • 教室全体の反応を見ながら授業を進めるため、講師が生徒全体の理解度を把握しやすい。
    • 質問や困難に対してクラス全体でサポートし合える環境がある。
  8. テスト対策と模試
    • 大規模な模擬試験やテスト対策が組織的に実施されることが多い。
    • 本番さながらの環境で実力を試す機会が多く提供される。

個別指導塾では、集団塾のメリットを実現はできないものだとも思えますが、よく考えると2・3・4・5・6・7は、塾ではないとできないことでしょうか。学校でも十分にできることではないでしょうか。

LEAFでは、集団塾のメリットを熟知しているので、その要素も取り入れた個別指導を行っています。
 個別指導塾では、同じ志を持ち頑張る仲間(ライバル)がいないように感じるかもしれません。ライバルは必ずしもその場にいる必要はありません。ライバルの存在を生徒に意識させることが重要です。学校にいる他の生徒や他の塾に通っている生徒、さらには過去の自分もライバルになり得ます。集団塾に通っていてもライバルの存在を意識させられない講師もいるため、結局は、先生の声かけやマインドづくり次第なんです。

 集団塾のメリット1つ目であるコストパフォーマンスについては、一見すると集団塾の方が安いと思われるかもしれません。
 週に2、3回、複数科目を見ている集団塾の方が時間当たりのコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。しかし、LEAFのマンツーマン指導であれば、同じ1時間の授業でも通常の集団塾の1週間分を1日で行うことができます。苦手教科や理解のしにくい単元を授業内でカバーし、得意科目や自分でできる内容は課題にすることで、週1回の授業で集団塾の週3日分の学習を行うことが可能です。
 また、LEAFでは、リーズナブルな価格を実現できるようにしています。授業料以外の教材費、教室使用料、テスト費、入会金、その他の費用はいただきません。また、休んだ場合の授業料もいただきません。

 以前勤めていた塾では、「この費用って保護者側が損しているよな~」と感じることがありました。LEAFでは、そのような無駄な出費となる料金システムにはしたくないと思い、現行の料金システムにしています。
 このシステムは、予定を頻繁に変更するご家庭が多いと成り立たないため、LEAFに通っているご家庭の理解によって成り立っています。


 以前、集団塾で勤めていたときには、個別学習塾の弱点・デメリットを集団塾のメリットと捉えていましたが、それは誤りでした。
 個別指導を始めた当初は、デメリットがある分、メリットを大きくすればよいと感じていましたが、そもそもデメリットは先生の経験ややり方次第で解消できることがわかりました。
 子供たちの成長は、授業のうまさだけで決まらないことは上述した通りです。子供一人ひとりの特長・特徴を理解し、それぞれに合った成長のさせ方を考えると、集団指導よりもマンツーマン指導の方が圧倒的に子供の成長につながると確信しています。

 LEAFでは、生徒の成長ペースに合わせ、個々の特徴に即した指導を行っています。だからこそ、成績がアップする生徒が続出し、将来の視野が広がり、自立した子に成長していくのだと思います。
 ぜひ、一度、LEAFの授業をご体験ください。

[Homeに戻る]  [このページのトップに戻る]