『前向きに学習に取り組み、自立できる子に!』なるような塾の特徴はどのような塾かChatGPTに聞いてみた[#7]

2024.7.13の新聞折込チラシに載せたLEAFの7つの特徴に関する記事です。
LEAFの特徴をより詳しく知ることができます。

折込チラシに載せたLEAFの7つの特徴
① 生徒一人ひとりの成長に合った指導を!
② 前向きに学習に取り組み、自立できる子に!
③ 指導経験豊富な先生が担当!
④ 通塾にかかる費用をシンプル(授業料のみ)に!
⑤ 授業を実施した分だけの費用なのでムダが出ません!
⑥ 高額になりにくい料金システム!
(2024.7.26にアップ)
⑦ 退会手続きもシンプルに!
(2024.7.26にアップ)

今回は、「②前向きに学習に取り組み、自立できる子に!」についてです。
個別指導の塾であれば、マンツーマン指導や少人数指導により、生徒一人ひとりに合った指導を受けることができるのは当然です。
しかし、同じ個別指導塾であっても、成績が伸びる塾(先生)とそうでない塾(先生)があります。

個別学習塾LEAFでは、どのように指導しているのかご覧ください。

② 前向きに学習に取り組み、自立できる子に!

LEAFの指導で大切にしていることは、成績を上げることは当然のことですが、最も大切にしていることは「生徒が自立できるようになること」です。
勉強を通じて、子供たちが「自分で考え、判断し、行動できる」ように成長してほしいと考え、指導を行っています。

「自分で考え、判断し、行動できる」子になるために・・・

先生側がどのように指導すればよいかを理解しているかどうかが、子供の成長に大きく関わってきます。

『①生徒が考えることができるか否か』『②生徒自身で判断ができるか否か』『③生徒が行動に移せるか否か』と3段階ありますが、これが①→②→③の順に必ずしも進むわけではありません。①・②・③はそれぞれが成長するのに必要な要素です。

「あまり考えずに行動に移せる子」もいれば、「判断はできても動き出せない子」もいます。「誤った考えで判断して行動してしまう」こともあるでしょう。

子供一人ひとりによって、弱点や強みは異なります。だからこそ、一人ひとりに合わせた指導が重要であり、集団塾では成長させにくい点でもあります。さらに、個別指導の塾・先生でも、その見極めができるか否かが大切です。

※集団塾の強みは、『生徒の個性が違うので、「強み」を持っている生徒を見本とし、その生徒と同じように行動させることができる』という点です。いわゆる切磋琢磨の一つです。しかし、先生が意図的に生徒間でそれを意識させなければ、効果はほぼありません。これでは集団塾の意味がなくなります。そして、それを意識させることができている塾や教室はどの程度あるのでしょうか。ネームバリューだけで経営している塾(教室)もあるので、実際の教室の評判を調べてくださいね。(ちなみに、この切磋琢磨させることは、塾に通わずとも学校でできることだと思いませんか。)

集団塾であっても個別指導の塾であっても、指導や授業をどのように捉えているかによって、子供たちの成長は大きく変わります。
塾の先生の中には、授業をすることが仕事だと思い、子供たちの成績に関心を持たず、責任を持たない先生もいます。
「授業料の対価はただ授業をすること」という感覚なのでしょう。(このような先生たちは、目の前に生徒がいてもいなくても同じ授業を行います。)

LEAFでは、「授業料の対価は生徒の成長」と考え、指導を行っています。
目の前の生徒が理解できているかどうかを確認しながら授業を進めます。
当たり前のようですが、これをできない先生は意外と多いものです。(特に集団塾ではそうなりがちです)

子供一人ひとりの強みや弱みは異なるため、先生は子供をしっかり観察し、それぞれに適した声掛けや指導を行わなければ、成績は一向に変わらないでしょう。

子供一人ひとりの『①生徒が考えることができるか否か』『②生徒自身で判断ができるか否か』『③生徒が行動に移せるか否か』の強みや弱みが判断ができたら、それぞれに合った指導をしていけばよいのです。

その一つ一つは、生徒によって異なるのですべてはここには書ききれませんが、それぞれに適した対処をしたら、成績は変わるものです。
LEAFの指導を受けて、成績が変化した生徒の例を載せた記事があるので、そちらをご覧ください。

「LEAFの授業でぐんぐん成績アップした生徒たち!」はこちら

強みを生かし、弱みを及第点まで引き上げることができれば、成績は向上します。

「自分で考え、判断し、行動できる」子になる第一歩は、先生・子供自身がどこが強みで、どこが弱みかを知ることです。
それさえわからずに、やみくもに勉強に取り組んでいると、効率が悪く思うように成果が出ないものです。

強み生かし、弱みを克服するには、生徒一人ひとりが異なるので、集団塾より個別指導塾の方が適した環境にある!

ChatGPTに聞いてみた

ChatGPTに、「『前向きに学習に取り組み、自立できる子に!』なるような塾の特徴はどのような塾ですか。」と質問をしてみました。
その回答は以下のようになりました。(原文のまま記載)

1. 個別指導の徹底
個別対応:生徒一人ひとりの学力や性格、目標に合わせたカリキュラムを提供し、個別に対応します。
定期的なカウンセリング:定期的に生徒とカウンセリングを行い、目標設定や進捗確認を行います。

2. 学習習慣の定着
計画的な学習指導:学習計画を立て、生徒が自分で進められるようにサポートします。
宿題と復習の徹底:宿題や復習を重視し、授業内容を確実に定着させます。

3. 自立心を育む環境
自習室の完備:自由に利用できる自習室を提供し、生徒が自主的に勉強できる環境を整えます。
自己学習の指導:生徒が自分で調べたり考えたりする力を養うための指導を行います。

4. 褒める教育
ポジティブなフィードバック:生徒の努力や成果を積極的に褒め、自信を持たせます。
モチベーション向上:生徒のやる気を引き出すために、目標達成を祝ったり、頑張りを認める工夫をします。

5. コミュニケーションの重視
親との連携:定期的に保護者との面談を行い、生徒の学習状況を共有します。
生徒との信頼関係:生徒との信頼関係を築き、安心して学べる環境を提供します。

6. 多様な学習支援
オンラインサポート:必要に応じてオンラインでのサポートを提供し、学習の継続を支援します。
多様な教材の使用:生徒の興味や理解度に合わせた多様な教材を使用し、学習意欲を高めます。

7. 成績だけでなく人間力も育む
人格教育:勉強だけでなく、礼儀やマナー、人間関係の築き方なども指導します。
自己評価の推奨:生徒自身が自分の学習を振り返り、自己評価する習慣を身につけさせます。

このような特徴を持つ塾であれば、生徒が前向きに学習に取り組み、自立心を養うことができるでしょう。


ChatGPTの回答どうでしたか?
私は、これを見て、「うん、うん。そうだよね。」、「やってる!やってる!」といった感想でした。
(ChatGPTって、なかなかいい回答するよね。)

私としては当たり前というか、生徒が前向きに学習に取り組むために必要なことなので自然とやってきたのですが、一般的な先生たちはChatGPTの回答を見て、どう感じているのでしょうか。できていますか???

以前、勤めていた集団塾では、地域密着型からチェーン店かに転じてきているので、個々の対応からどんどん離れていってしまったですよね。会社の存続には必要な対応だったのでしょうが、地域の子供たちへマイナスになってしまっていることは残念ですね。

LEAFでできていない点は、「オンラインサポート」です。
「保護者面談」は実施はあまりないのですが、毎月の報告で、連携はできているのかな?
ちなみに、いつでも面談できるので、ご希望がある保護者の方は連絡ツールにてご連絡ください。

子供たちは、前向きに勉強に取り組めるようになると、驚くほどに成績は上がっていきます。そんな生徒たちをたくさん見てきました。
そして、私はそんな生徒たちを見ることが一番うれしいですし、この仕事のやりがいでもあります。

生徒が前向きに勉強するきっかけは、生徒によってそれぞれです。
そのきっかけを作るのは、子供自身がつくることもできますが、それができる子は多くないでしょう。だから、周りにいる大人(先生・保護者)がきっかけを与える必要があります。

前向きにする方法は、・・・。
また、そのうち、ブログにアップします。

個別学習塾LEAFでは、ChatGPTの回答のような指導スタイルで運営しています。
子供一人ひとりの成長に合わせた指導を実践し、自立できるように育成しています。
無料体験授業も実施していますので、お気軽にお問い合わせください。

本音を言うと、生徒を長く指導できればできるほど、その子の特徴を捉え、前向きに指導することができ成績向上も図れます。
1回の無料体験で前向きにできなかったら申し訳ないなという気持ちもあります。だから、「プラス体験」を破格で実施させてもらっています。
でも、プロならその1回で前向きにさせるのでしょうね。がんばります!

『前向きに学習に取り組み、自立できる子に!』なるような塾の特徴はどのような塾かChatGPTに聞いてみた[#7]” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA